平成27年度 都市基盤整備事業推進大会


TOP 会長挨拶 意見発表 決議文 出席者 バックナンバー


主催者代表挨拶(要旨)
平成27年11月11日(水)14:00〜
砂防会館
横浜市長 林 文子
 皆様こんにちは。横浜市長の林文子でございます。
本日は大変お忙しい中「都市基盤整備事業 推進大会」にご出席くださり、ありがとうございます。日々、全国各地における都市基盤の整備に、ともに力を尽くしている自治体の皆様とご一緒でき、心より感謝いたします。

近年、地球温暖化等の影響により、台風や豪雨など
の自然災害が、頻発、甚大化の一途を辿(たど)っています。今年9月には、北関東、東北地方を中心に、豪雨災害が発生、約2万戸が浸水被害を受けるという、大変痛ましい事態が発生しました。そしていまやこうした大災害が、日本全国、どこで起きても、決しておかしくない状況にあります。

この危機的な状況に立ち向かうため、私たち自治体は、防災・減災対策と都市基盤の強化に、日々全力を注いでいます。

我が国はこれまでも、自然災害に見舞われるたび、まちづくりに携(たずさ)わる人々の情熱と努力で乗り越え、より強い都市へと生まれ変わらせてきました。

しかし今後、甚大化する災害に立ち向かい、住民生活
を守り抜くためには、必要な予算が、確実に確保され
なければなりません。

また「都市基盤」は、現在、国・自治体を挙げて取り組む「地方創生」、地方活性化の基盤そのものです。
国にはぜひとも、「地方創生」を最前線で担う、私
たち地方自治体の熱意をしっかりと受け止めていただき、必要な予算の確保を、重ねてお願いいたします。

来たる2019年には「ラグビーワールドカップ」が、
岩手県釜石市をはじめ、全国12都市、19自治体で開催されます。翌年は、オリンピック・パラリンピック開催の年です。
これらのイベントを通じて、2011年の東日本大震災から復興を遂げ、更なる成長を目指す日本の姿を、世界へお見せしていく必要があります。
しかし、震災被災地の復興は、いまだ道半ばです。
今後とも国と全国の自治体が連携し、支援していく必要があります。
そして今後とも、本日お集まりの皆様とともに、一層の都市基盤整備に力を注いでまいります。


 社会の活力を維持・増進していくために、「コンパクト」+「ネットワーク」という考え方で地域構造を再構築し、国全体の「生産性」を高めていくことが、非常に重要です。これは国土交通省が発表された「国土のグランドデザイン 2050」の根幹を成す概念でもあります。本日の意見発表では、まちづくりの創生に、精力的に取り組んでおられます近江八幡市(おうみはちまんし)・冨士谷(ふじたに)市長、敦賀市(つるがし)・河瀬(かわせ)市長から、地域の特性を活かしたまちづくりについて、お話しをいただきます。
 オリンピック・パラリンピック東京大会を6年後に控え、日本の国土の機能を高め、その開催効果を全国へ波及させていくためにも、お集まりの皆様と一層連携し、しっかりと基盤整備を進めてまいりたいと思っております。どうぞ皆様よろしくお願い申し上げます。
林 文子 横浜市長の挨拶
林 文子 横浜市長の挨拶


全国街路事業促進協議会とは
全国街路事業促進協会通常総会
全国街路事業コンクールとは
全国街路事業コンクール
全国街路事業コンクール関係者様用資料
都市基盤整備推進大会
HOME
 
全国街路事業促進協議会